GAME NFT

【簡単】NFTゲームの始め方【向いている人やリスクも解説します】

2022年8月16日

【簡単】NFTゲームの始め方【向いている人やリスクも解説します】

悩む人
NFTゲームの始め方を知りたい...。NFTゲームは普通のと何が違うのかな?リスクを教えてもらえると助かります!

こんにちは、Toniです。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFTゲームの始め方【簡単な3ステップ】
  • NFTゲームのリスク
  • NFTゲームをプレイするのに向いている人

この記事を書いている僕は当サイトTONIBLOGでWeb3の情報を発信しています。

また、仮想通貨やNFTを軸に生活しているので、信頼性につながるのかなと。

 

本記事を読むことで「NFTゲームの始め方」がわかるようになります。さっそく、見ていきましょう!

 

NFTゲームの始め方【簡単な3ステップ】

NFTゲームの始め方【簡単な3ステップ】

NFTゲームは簡単な3ステップで始められます。

下記の通り。

  • 手順1:仮想通貨取引所で口座開設する
  • 手順2:メタマスクを作成する
  • 手順3:ゲーム通貨を購入する

一つづつ見ていきましょう。

 

手順1:仮想通貨取引所で口座開設する

まずは、仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

取引所はコインチェックがオススメです。無料かつ、アプリダウンロード数No.1ということもあり初心者でも安心して始められます。

 

下記のリンクから開設できます。

>>コインチェックで無料口座開設する

 

なお、「コインチェックの口座開設の手順が分からない」という方は下記を参考にどうぞ。

 

手順2:メタマスクを作成する

口座開設ができたらメタマスクを作成しましょう。

 

メタマスクとは仮想通貨を出し入れするウォレットです。

このウォレットを使用して、NFTゲームの通貨を購入します。お財布に近いイメージ。

 

下記のリンクからダウンロードできます。

>>メタマスクをダウンロードする

 

作成の手順が分からない人は下記を参考にどうぞ。3分ほどで作成できます。

 

手順3:ゲーム通貨を購入する

NFTゲームを始めるには、初期投資が必要です。

 

例えばSTEPNの場合、スニーカーを購入することで稼ぐことができます。

そのスニーカーを購入するのにゲーム内の通貨が必要になります。

 

ゲームによって必要な通貨や購入方法が異なるので、まずはプレイするゲームを選んでみましょう。

>>オススメのNFTゲームを見る

 

 補足:まずは1,000円から始めよう

最初は1,000円ほどから始めてみましょう。

 

理由は、取引所やメタマスクに慣れるため。一度経験を積み、その後にメインの初期投資をするのが失敗しない流れです。

 

まずはコインチェックで少額入金してみましょう。イーサリアム(ETH)を買えばOKです。

 

NFTゲームのリスク

NFTゲームのリスク

NFTゲームにリスクはつきもの。理解した上で少しでもリスクを減らしましょう。

 

価格が変動する

NFTゲームで獲得できるのは仮想通貨です。

獲得した仮想通貨を日本円に変えることで、稼げる仕組みになっています。

 

つまり、仮想通貨の価格が変動するともらえる日本円も変わるということです。

 

「昨日まで1GST=1,000円だったのに、100円になってしまった..。」

ということがザラにあります。割と恐ろしいですが、これが現実なんですよね...。STEPNやアクシーインフィニティなどがこの例です。

 

これを回避するには「情報収集」が必須です。情報収集については本記事で後述しています。

価格変動はNFTゲームをプレイする上で大きなリスクとなります。

 

後に始めた人は稼ぎずらい【先行者利益】

NFTゲームは後に始めれば始めるほど稼ぎずらいです。

少し深掘りすると、「先に始めた人の方が稼ぎやすい」傾向にあります。

 

なぜなら、NFTゲームの仕組み上どうしても「ポンジスキーム」的傾向になってしまうからです。

 

分かりやすく言うとNFTゲームは「ユーザーが先行投資をすることで得た資金を回しながらユーザーに還元していく仕組み」です。

 

なので、NFTゲームは新規ユーザーを継続的に取り入れていかないと資金が回りずらく、ユーザーに還元できなくなっていきます。結果、新規ユーザーが多い初期の方が稼ぎやすくなります。

 

現状NFTゲームで稼ぎたいのであれば、ゲームを初期の段階で始めるか、ベータ版を始めてみる、ことがリスクを回避しやすいコツですね。

 

NFTゲームをプレイするのに向いている人

NFTゲームをプレイするのに向いている人

下記の通り。

  • その1:ゲームが好きな人
  • その2:資金に余裕がある人
  • その3:情報収集ができる人

NFTゲームは普通のゲームとは違う点があります。どんな人が向いているのか見てみましょう。

 

その1:ゲームが好きな人

ゲームが好きな人です。これは言わずもがなですね。ゲームが好きな人じゃなければ、そもそも原始回収まで続かないと思います。

 

僕自身かなりのゲーマーということもあり、20種類以上のNFTゲームを触ることができますが、好きだからこそできたのかなと。

当然ですがゲームが好きな人には向いていますね。

 

その2:資金に余裕がある人

これはかなり重要です。NFTゲームには初期費用がかかります。

価格の変動であったりゲームで通貨があまりもらえないと、メンタル的にもかなりキツくなるんですよね...。

 

反対に、「損してるけど、楽しいからよし。」という人はもってこいだと思います。

 

結果的に、損をしてもいい余剰資金で始められる人はオススメですよ。早い段階で参入できれば結構稼げますし。

 

その3:情報収集ができる人

NFTゲームで稼ぐなら情報収集は必須です。

先述した通り、NFTゲームは先に始めた人の方が稼ぎやすいです。というより、情報収集できる人は有利に動けます。

 

例えば、リリース日やプレセール日、アップデートの情報など。

 

上記のような情報をいち早く収集することで、早い段階で参入できるんですよね。現に、情報収集ができてる人がNFTゲームで稼いだりしてます。

 

ついでに早い段階でゲームをプレイしていると「もう少し稼げるかな」「もうこのゲームは終わりそうだな」というのが大体わかります。

Twitterの更新がなかったり、新規ユーザーが少なかったりするのがヒントかなと。これはNFTプロジェクトにも付随しますね。

 

早めに情報収集できる人は間違いなく、稼ぎやすいですし、損切りのタイミングも分かっているので向いていると思います。

 

まとめ

今回はNFTゲームの始め方について解説してきました。

リスクや向いている人なども紹介しましたが、経験として始めてみるのも全然アリですよ。

 

NFTの初期費用と聞くと「数万円」を想像しがちですが、数千円や無料で始められるものもあります。下記の記事で「無料で始められるNFTゲーム」をまとめているので、参考にどうぞ。

>>無料で始められるNFTゲーム

 

資金がないし、リスクに少し抵抗がある方は上記から無料で始めてみるのもオススメですよ

 

本日は以上になります。

読んでいただきありがとうございます!

 

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-GAME, NFT
-,