NFT

【OpenSea】NFTの買い方を3つの手順で解説【初心者向け】

2022年8月2日

【OpenSea】NFTの買い方を3つの手順で解説【初心者向け】

悩む人
OpenSeaでNFTを買ってみたい...。初心者なので分かりやすくおしえてください!

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • OpenSeaでNFTを買うための準備
  • OpenSeaでNFTを買う方法【3つの手順】
  • NFTを買うときによくある質問

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保にも繋がるのかなと。

 

この記事を読むことで、OpenSeaでNFTを買う方法が分かるようになります。初心者でも分かりやすいように画像を使用して解説します!

 

さっそく、見ていきましょう。

 

OpenSeaでNFTを買うための準備

OpenSeaでNFTを買うための準備

下記の通り。

  • 仮想通貨取引所で口座開設する
  • メタマスクを作成する

それぞれ10分ほどで準備できるので一つづつ解説していきます。

 

仮想通貨取引所で口座開設する

まず、NFTを始めるには仮想通貨取引所が必要になります。

 

オススメの取引所はコインチェック。無料で開設できアプリダウンロード数No.1ということもあり、国内でも大手の取引所です。

下記のリンクからどうぞ。

>>コインチェックで無料口座開設する

 

なお、口座開設の手順が分からないという方は下記の記事がオススメです。

 

メタマスクを作成する

口座開設ができたらメタマスクを作成しましょう。

メタマスクとは仮想通貨を出し入れするウォレットです。このウォレットを使用してNFTの売買を行います。お財布のようなイメージ。

 

下記のリンクからどうぞ。

>>メタマスクをダウンロードする

 

メタマスクの作成はとても簡単で3分ほどで完了します。

作成の手順については下記の記事で解説しているので、合わせてどうぞ。

 

OpenSeaでNFTを買う方法【3つの手順】

OpenSeaでNFTを買う方法【3つの手順】

OpenSeaでNFTを買う準備ができたら、さっそくOpenSeaでNFTを購入していきましょう。

  • 手順1:イーサリアムを購入する
  • 手順2:イーサリアムをメタマスクに送金する
  • 手順3:OpenSeaで好きなNFTを買う

 

手順1:イーサリアムを購入する

まずはNFTを買うために必要なイーサリアム(ETH)を購入していきましょう。

 

今回はコインチェックのアプリで解説します。理由は、操作が簡単なので取引しやすいから。なので、まずはコインチェックのアプリをダウンロードしておきましょう。

>>コインチェックのアプリを無料でダウンロード

まずは日本円を入金します。

アプリを開いて「ウォレット」→「入出金」→「入金」をクリック。

 

入金の種類を選択しましょう。

コインチェックでは下記から選択できます。

  • 銀行入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金

上記の中から好きなものを選びましょう。

なお、入金の詳細は「コインチェック:仮想通貨の入金方法」が参考になります。

 

次に入金した日本円でイーサリアム(ETH)を購入します。

「販売所」→「イーサリアム(ETH)」→「購入」をタップ。

 

購入するイーサリアムを入力して「日本円でイーサリアムを購入」をタップ。

これでイーサリアムの購入は完了です!

 

手順2:イーサリアムをメタマスクに送金する

続いて、購入したイーサリアムをメタマスクに送金します。

ここからは、操作ミスを防ぐためにWeb版で行っていきます。

 

まずはWeb版のコインチェックにログインします。

ログインしたら「暗号資産の送金」→「Ethereum」→「宛先を追加/編集」をクリック。

 

メタマスクを開き、「コピー」して「宛先」に貼り付けます。「ラベル」は分かりやすいように「メタマスク」と入力します。

「SMSを送信」をクリック。送信された6桁のコードを入力して、「追加」をクリックします。

 

上記の矢印から先ほど作成した「宛先」をクリック。

 

送信サービス名は「その他」と「個人ウォレット宛て」と入力。

受取人種別は「本人への送金」を選択して、「次へ」をクリック。

 

最後に2段階認証の6桁のコードを入力して、「申し込みを確定する」をクリックします。

 

これで送金は完了です!お疲れ様でした!

 

手順3:OpenSeaで好きなNFTを買う

買う準備ができたので、あとは好きなNFTを選んで買ってみましょう。買い方はとても簡単なので解説します。

まずは、OpenSea公式サイトにアクセスします。

>>OpenSea公式サイト

 

購入するNFTを決めます。

 

決めたら「Buy now」をクリック。

 

「Complete purchase」をクリック。

すると、メタマスクで確認画面が開くので「確認」→「承認」をクリックします。

あとは、購入完了まで待ちましょう。

 

以上の流れでNFTを買うことができます。

 

なお、NFTがたくさんあってどのように選んだら良いか分からないという人は、下記の記事がオススメです。好きなNFTの探し方を解説しているので参考にどうぞ。

>>好きなNFTの探し方を見る

 

NFTを買うときによくある質問

NFTを買うときによくある質問

NFTを買うときのよくある質問に答えていきます。

 

未成年でも買えますか?

買えます。

 

ですが18歳未満の場合、仮想通貨取引所のアカウントが作成できないようになっています。そのため、ご両親の方に手伝ってもらい口座開設してもらいましょう。

 

なお、詳しくは下記の記事で解説しているので、参考にどうぞ。

>>未成年でNFTを始める方法

 

手数料はかかりますか?

かかります。

 

時間帯によりますが、NFTを買う場合およそ「3〜4千円」ほどかかります。

手数料の安い時間帯を見ることができるサイトなどもあるので、そういったものを使用すると少しだけ手数料を減らすことができます。

 

なお、詳しく知りたいという方は下記の記事がおすすめです。手数料を減らすコツを解説しているので参考にどうぞ。

>>手数料を抑えるコツを見る

 

買ったNFTの売り方は?

1分で出来ます。とても簡単に売れるので解説しますね。

まずはOpenSeaにアクセスします。

ホーム右上のアイコンから「Profile」をクリック。

 

「Collected」から保有しているNFTが表示されます。売りたいNFTを選択しましょう。

 

選択したら右上の「Sell」をクリック。

 

  • Price:販売する値段
  • Duration:販売する期間

それぞれ入力したら「Complete listing」をクリック。

 

するとメタマスクから「署名」を求められるのでクリック。

 

これでNFTを売ることができます!

 

まとめ

今回はOpenSeaでNFTを買う方法について解説してきました。

内容を簡単にまとめます。

  • 取引所でイーサリアムを購入する
  • メタマスクに送金する
  • OpenSeaでNFTを購入する

こんな感じです。

 

最初は少し複雑に感じるかもしれませんが、取引している内に慣れていきます。「習うより慣れろ」という言葉がある通り、自分で体験してみるのがベストですね。

 

本日は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 次につながる行動まとめ

>>自分でNFTを作りたい方

 

 

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-