NFT

「NFTは流行らない」と言われている理由を徹底的に調査してみた

「NFTは流行らない」と言われている理由を徹底的に調査してみた

悩む人
最近話題のNFTだけど、これから流行るのかな?徐々に話題になってきているけど、いまいち魅力がわかりません。

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFTが流行らないと言われている理由
  • NFTは今後流行るのか
  • NFTが抱える課題

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保にも繋がるのかなと。

 

本記事を読むことで、NFTが流行らないと言われている理由が分かるようになります。

 

さっそく、見ていきましょう。

 

NFTが流行らないと言われている理由

NFTが流行らないと言われている理由

下記の通り。

  • その1:NFTの理解が難しい
  • その2:購入までのハードルが高い
  • その3:NFTに投資のイメージが付きづらい

 

その1:NFTの理解が難しい

まず1つ目は「NFTの理解が難しい」ことです。

 

NFTとは「Non-Foungble-Token」の略で直訳すると「代替不可能なトークン」という意味になります。

しかし、これを理解してもらうには少しハードルが高い。ブロックチェーンや仮想通貨などの基礎知識が必要となり、「NFT」自体の概念がそもそも私生活とは程遠いものになっているのかなと。

 

そのため、NFT以前に仮想通貨などに触れていない人も多いため理解するのが難しく、流行らないと言われている理由の一つになります。

 

なお、NFTについて詳しく知りたいという人は下記の記事を参考にどうぞ。NFTについて網羅的にまとめています。

 

その2:購入までのハードルが高い

NFTを購入するには、複数の手順を踏む必要があります。

本章で後述しますが、「仮想通貨取引所」「ウォレット」が必ず必要となり準備段階でつまずくポイントの一つです。

 

 

これも初心者にとっては始めやすいに越したことはないので現段階では、この購入までのハードルの高さが懸念点となっています。

 

その3:NFTに投資のイメージが付きづらい

NFTを理解したところで、次に「投資」のイメージが付きづらいことが挙げられます。

 

今、NFTに投資している人の目的は、従来の「仮想通貨」や「株」、「FX」といったものではなく大半が「NFTという技術」に可能性を感じている人々が投資していることです。

もちろん儲けることが目的の人もいると思いますが、大半は保有者のコミュニティや新しいものに体験するために投資しているイメージ。

 

なので、一般的にNFTに投資して儲けるといったイメージがなく、NFTの本質的な部分で投資している人が少ないという点が挙げられるのかなと。

 

NFTは今後流行るのか

NFTは今後流行るのか

結論、流行ると思います。

理由は下記の通り。

  • その1:SNSのようなもの
  • その2:大企業が参入している
  • その3:本当の価値はユーティリティにある

1つづつ深掘りして解説します。

 

その1:SNSのようなもの

昔で言うところのSNSに近いものではないのかなと、個人的には感じています。

というもの、スマートフォンが普及してTwitterやFacebookなどのSNS黎明期に、「Twitterって知ってる?すごいサービスなんだよ!」と熱弁しても耳を貸す人は非常に少ないかったです。

 

しかし、今や当たり前に使っています。そのようなポジションになるのではないかと感じています。

現段階では、具体的に「このような場面で便利」というものは明確にイメージできないかもしれませんが、ブロックチェーン技術の活用性の高さに話題性があるのかなと。

 

また、少しずれますが有名人や海外のインフルエンサーなどのSNSアイコンにも使用されており、「NFTアート」のユニークさも話題性の1つの要因です。

 

その2:大企業が参入している

SNSに付随しますが、これも大きなポイントです。

大抵のビッグウェーブの前には大企業が大きく絡んでいます。アクションを起こす前に色々と仕込んでいるんですよね。

 

例えばFacebookやInstagramの「Meta」なんかはNFT機能の導入が予定されています。また、すでにTwitterでは「Twitter Blue」というサブスクリプションでNFTを6角形のアイコンに設定することができます。

 

このようにもうすでに大企業が動いており、今後NFTが流行る可能性は十分にあります。

 

その3:本当の価値はユーティリティにある

ユーティリティとは「NFTを持つことで得られるメリット」です。

例えば下記のようなものがあります。

  • コミュニティ
  • 参加権
  • 身分証明

 

 コミュニティ

NFTを持つことで特定のコミュニティに入ることができます。

専門的には「DAO」と呼ばれており、積極的に情報交流などが行われています。また、管理者やリーダーがいないため、中央集権的な独裁感が無いのもDAOの特徴です。

 

 参加権

例えば、海外ではNFTを持っていることで「保有者限定の島であったり、ホテルなどに泊まることができる」参加権などが予定されています。

 

正直このようなNFTの活用方法が一番身近で体感できる方法なのではないかなと。これはかなり大きいユーティリティですよね。

 

 身分証明

これは「NFTは改ざん不可能な技術」というのを利用して、「身分証明をデジタルでできるようにする」ということです。

 

今まで、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明書を保管しておく必要がありました。ですが、それらをNFTにすることでデジタル化し、一括管理できるようになります。

 

キャッシュレスに近いイメージですね。これも管理したり、提示したりするのが楽になるので十分なユーティリティなのかなと。

 

NFTが抱える課題

NFTが抱える課題

  • その1:購入までの流れ
  • その2:セキュリティ対策
  • その3:法整備が追いついていない

 

その1:購入までの流れ

NFTを購入する流れとして

  1. 仮想通貨取引所で口座開設する
  2. 仮想通貨を購入する
  3. 購入した仮想通貨をウォレットに送金する
  4. NFTマーケットプレイスで購入する

上記のような手順を踏む必要があります。

慣れればとても簡単なのですが、初心者からしたらハードルが高いんですよね。僕も初めてNFTを購入したときは苦労しました。

>>NFTを始めてみる

 

このNFT購入までのハードルの高さが課題とされています。ですが、この課題が解決されるのも時間の問題かなと。

 

というのも、OpenSea(世界最大のNFTマーケットプレイス)がクレジット決済を検討しており、より誰でも始められるよう進めています。

そうなれば上記のような手順を踏むことなく、NFTを購入することができますよね。

 

その2:セキュリティ対策

これは結構大切。NFTはデジタルなので、ハッキングや詐欺などの恐れがあります。

詐欺からは自分で守ることができますが、ハッキングに関しては不可抗力なので、もしされた場合どうしようもできないのが現状です。

 

ですが、ハッキングを未然に防ぐ方法として「ハードウォレット」「ウォレットを分散させる」などの方法があります。

 

ハードウォレットとは、メモリにNFTを管理しておくものです。

ネット上ではなく全てメモリの中で管理されるので、ハッキングで盗まれるということがなくなります。しかし物理的に泥棒が入ってきた場合、話は別ですね。

 

ウォレットを分散させる方法は、「購入するためのウォレット」「NFTを管理しておくウォレット」に分けることで、リスクを分散させる方法です。

どちらもあらかじめ対策しておくことで、ハッキングを未然に防ぐことができます。

 

その3:法整備が追いついていない

新しい技術ということもあり、法整備が追いついていないという問題です。仮想通貨を使用して取引するため、僕たちの直接的な問題としては「税制対策」に当たります。

 

仮想通貨の税制があまり整っていないということもあり、ざっくりしていますが「20万円以上の利益が出たら確定申告が必要」と覚えておきましょう。

 

僕も詳しいことは勉強中なので、専門的な知識はないです...。スミマセン。

ですが、NFTの税制に関して参考になるサイトがあるので、そちらを置いておきます。参考までにぜひ。

(参考:あたらしい経済

 

まとめ

今回はNFTが流行らないと言われている理由を徹底的に解説してきました。

現段階で課題はあるものの、すでに普及してきており今後も流行る可能性は十分にあります。

 

今はまだNFTブルーオーシャンなので気になっている人や興味のある人は行動しましょう。

 

 

本日は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 次につながる行動まとめ

 

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-