NFT

好きなNFTアートの探し方5つ【伸びそうなNFTを見極める方法】

好きなNFTアートの探し方5つ【伸びそうなNFTを見極める方法】

悩む人
何かいいNFTはないかなー。好みのNFTとか、高騰しそうなNFTの探し方が知りたいな...。

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • 好きなNFTアートの探し方5つ
  • NFTアートの始め方【3ステップ】
  • 伸びそうなNFTを見極める方法

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保にも繋がるのかなと。

 

さっそく、見ていきましょう。

 

好きなNFTアートの探し方5つ

好きなNFTアートの探し方5つ

下記の通り。

  • その1:Twitterで探す
  • その2:ランキングサイトで探す
  • その3:OpenSeaで探す
  • その4:NFTクリエイターのサイトで探す
  • その5:コミュニティで探す

 

その1:Twitterで探す

まずはTwitterで探す方法。正直かなりあります。

  • NFT界隈のインフルエンサーをフォローする
  • ハッシュタグで検索する
  • 「NFT買います」とツイートする
  • 宣伝ツイートのリプ欄をみる
  • コミュニティに入る

こんな感じです。

インフルエンサーの方であれば、miinさんや全力まんさんがオススメです。

ハッシュタグに関しては、#NFTs と検索するだけでNFT関連の全てのツイートが表示されます。他にも #NFT のサジェストでかなり多くのハッシュタグがあります。

 

後は、コミュニティに入りNFT関連の情報を集める方法です。

これは個人的におすすめで、話題のNFTや頻繁に情報交換などがあり、特に初心者の方は気軽に質問などもできるので良いのかなと。

 

その2:ランキングサイトで探す

次は、ランキングサイトで探す方法です。

下記の通り。

NFTRANKING.JPは国内のNFTアートのランキングをまとめており、konipuさんが運営されているサイトです。

国内コレクションの売り上げなどがわかるので、高騰しているコレクションや話題のNFTが一目で分かります。

 

CoinMarketCapは国内外問わず、全てのNFTコレクションのランキングサイトです。膨大な量のNFTコレクションがリストアップされているので、「有名なNFTを知りたい!」という人はオススメなのかなと。

 

その3:OpenSeaで探す

続いては、OpenSeaで探す方法です。

カテゴリから見ることが出来ますし、インフルエンサーの方がどんなNFTを持っているのかを見ることもできます。

 

カテゴリから見る場合は「Explore」から好きな作品を探すことができます。

 

インフルエンサーの保有しているNFTを見る場合は、

「Collected」から見ることができます。今回はイケハヤさんを参考にしています。

 

また、OpenSeaの取引ランキングも見ることができ、そこでも頻繁に取引されているNFTコレクションを見ることができます。

 

こんな感じで、OpenSeaでも好きなNFTを探す方法はかなりあるのでオススメの探し方の一つです。

 

その4:NFTクリエイターのサイトで探す

続いては、NFTクリエイターのサイトで探す方法です。

We're Japan NFT Creators というサイトで国内のクリエイターのNFTを見ることができます。

 

こちらはtochiさんが運営されているサイトです。

 

多くのクリエイターさんが登録されており、様々なコンセプトのNFT作品が掲載されているのでかなりオススメです。

 

その5:コミュニティで探す

最後はコミュニティで探す方法。

先ほどはTwitterのコミュニティを紹介しましたが、こちらはdiscordのコミュニティです。

 

konさんという方が運営しているNMOと呼ばれるコミュニティで、「NFTの情報を追いきれない」という方はオススメです。

様々なNFTプロジェクトがある中で、NMOのメンバーに質問してみることもできます。

 

活発なコミュニティなので、入ってみるだけでもNFTに関する情報が得られるのかなと。

 

NFTアートの始め方【3ステップ】

NFTアートの始め方【3ステップ】

NFTアートの探し方が分かったら、あとは始めるだけ。手順を解説します。

下記の通り。

  • その1:仮想通貨取引所の口座開設する
  • その2:メタマスクを作成する
  • その3:OpenSeaのアカウントを作成する

 

その1:仮想通貨取引所の口座開設する

まず、NFTを始めるには仮想通貨取引所が必要になります。

 

オススメの取引所はコインチェック。アプリダウンロード数No.1ということもあり、国内でも大手の取引所です。

 

なお、コインチェックの口座開設の手順については下記の記事からどうぞ。最大手かつ無料で開設できるので、初心者でも安心して始めることができます。

>>コインチェックで口座開設する

 

その2:メタマスクを作成する

コインチェックで口座開設ができたら、メタマスクを作成しましょう。

メタマスクとは、仮想通貨を出し入れするウォレットです。お財布のようなイメージ。

 

メタマスクの作成はめちゃくちゃ簡単で3分ほどで完了します。

作成の手順については下記の記事で解説しているので、参考にどうぞ。

 

その3:OpenSeaのアカウントを作成する

あとは、OpenSeaのアカウントを作成するだけです。

OpenSeaとはNFTマーケットプレイスと呼ばれる、NFTを売り買いするサイトになります。現実でいうお店のようなもの。

 

マーケットは他にもありますが、OpenSeaは世界最大級のマーケットであると共にユーザー数や作品数がトップクラス。なので、基本的にOpenSea1つで十分になります。

 

なお、OpenSeaの始め方については下記の記事で解説しているので、参考にどうぞ。

 

伸びそうなNFTを見極める方法

伸びそうなNFTを見極める方法

伸びそうなNFTを判断する方法を解説してきます。

なお、ここからはNFTを2次販売(転売)したい方向けです。作品の価値が上がるかどうかに注視しているので、純粋にコレクターとして「好みのNFTを探したい!」という方は先述した探し方がオススメです。

 

その1:NFT運営が本気で作品を発信しているか

正直ここが一番大事だと思ってます。

 

NFTを売っている人のやる気がなかったら、買い手は購入しようと思うでしょうか。

答えは「NO」。

売れているNFTコレクション全てに共通しているのが、販売している人が本気で作品を発信しています。僕も日頃からTwitterを見ていますが、本気で作品を発信している場合、熱意は意外と分かるものですよ。

 

なので、伸びそうなNFTを判断する上で一番大切なポイントだとみています。

 

その2:ユーティリティがあるか

ユーティリティとは、いわゆる「特典」です。NFTを購入した後に、購入者が楽しめたり、次のNFTコレクションがお得に買える、など。

 

例を出すと、CNP(Crypto Ninja Partners)などのコレクションは国内でもかなり盛り上がっており、保有者には「次のコレクションが安く買える」など、ユーティリティがかなり充実しています。

 

こんな感じで、購入した後のことまで考えられているNFTは価値が上がる可能性があります。

 

その3:作品が人気になりそうか

「作品が人気になりそうかは分からなくない?」その通りです。

ですが、少し投資にも似ていて「基本的なこと」を抑えておけば、ある程度の指標にはなります。知っておくのと知らないのとでは差が出るので、紹介します。

 

作品が人気になりそうかの指標として、

  • 既存の作品→「これからも伸びそうか・運営が本気で発信し続けているか」
  • 新しい作品→「誰が運営しているか・運営が本気で発信しているか」

上記の通り。

 

それぞれの例を挙げると

  • 既存の作品→CNP(Crypto Ninja Partners)
  • 新しい作品→CNPJ(Crypto Ninja Partners Job)

です。

どちらも運営が本気で作品を発信し続けており、イケハヤさんがマーケティングを担当しています。

「どっちも同じ作品かよ」と思うかもしれませんが、CNPJが滑る可能性もあったとイケハヤさんも仰っています。Twitterを見れば分かりますが、本気で作品を発信しており、かなり熱意が伝わってきます。

 

なので、「誰が発信しているか」「本気で発信しているか」この2つを指標としてみるのがよいのかと。

 

まとめ

今回は好きなNFTアートの探し方を紹介してきました。

結論としては、好みのNFTを探す場合はSNSやサイトを使用して探すこと。

また、NFTの2次販売(転売)で利益を出したい場合は「誰が発信しているか・本気で発信しているか」を見てNFTを探してみましょう。

 

それぞれ着目点が違うので、ぜひ自分の目的に合った探し方を選んでみてくださいね。

 

今回は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 次につながる行動まとめ

>>NFTの高額ランキングを見てみる

 

>>NFTを転売する方へ

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-