METAVERSE

【誰でもできる】メタバースの副業でお金を稼ぐ方法【稼ぐコツも解説】

2022年6月25日

【誰でもできる】メタバースの副業でお金を稼ぐ方法【稼ぐコツも解説】

悩む人
メタバースを副業として始めてみたいな...。副収入があったらゆとりもできるし、副業で稼げるようになったら脱サラして一本でやりたいな。

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • メタバースの副業でお金を稼ぐ方法
  • メタバースの副業でお金を稼ぐためのコツ
  • メタバースの副業でよくある質問

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保にも繋がるのかなと。

 

今回は、メタバースの副業でお金を稼ぐ方法を紹介した上で、稼ぐためのコツも解説していきます。メタバースに興味がある方は必見なので、ぜひ。

 

 メタバースの副業を始める前の準備

本章に入る前に、副業として始める前に準備しておくものがあります。

上記の通り。

メタバースで稼いだお金は仮想通貨で入ってきます。日本円に換える際に、上記の2つが必要になります。

2つとも簡単に準備できるので済ませておきましょう。もちろん無料で始められます。

 

なお、始め方に関しては、下記の記事で初心者向けに解説しています。参考にしていただけると、スムーズに始めることができます。

>>取引所を開設する

 

>>ウォレットを作成する

 

メタバースの副業でお金を稼ぐ方法

メタバースの副業でお金を稼ぐ方法

下記の通り。

  • その1:ゲームをする
  • その2:土地を売買する
  • その3:アルバイトをする
  • その4:NFTを売買する
  • その5:アバターを作成する
  • その6:投資をする
  • その7:情報発信をする

 

その1:ゲームをする

ゲームが好きな方や得意な方にオススメです。

 

有名なタイトルだと、「The Sandbox」や「Axie Infinity」などがあります。これらのメタバースゲームは普通のゲームと違い、ゲーム内トークンを日本円に変えることで稼げる仕組みとなっています。

 

ドラクエをプレイして稼いだコイン→日本円に変換することができる

分かりやすくすると、上記のようなイメージ。

 

「Play to Earn=プレイして稼ぐ」とも呼ばれています。なお、おすすめのメタバースゲームに関しては下記の記事でまとめているので、参考にどうぞ。

>>おすすめのメタバースゲームを見てみる

 

その2:土地を売買する

資金に余裕がある人がオススメです。特に、余剰資金で始められる方が良いのかと。

 

やり方はシンプル、メタバースの土地を購入して値上がりするのを待ちましょう。その間に土地を貸し出したりすれば不動産としても収益を得ることができます。

個人的には「The Sandbox」がおすすめです。企業や有名人の参入で話題となっています。

 

土地を選ぶポイント

  • コミュニティの規模
  • トークンの時価
  • 信頼性

上記の3つは抑えておきましょう。

 

特にThe Sandboxでは大手企業がこぞって土地を購入しており、理由は「土地を買うだけで企業の宣伝になるため」です。また、企業や有名人が購入した土地の近くは高騰しやすく、すぐに売り切れてしまいます。

 

資産に余裕がある方は、メタバースの土地を購入してみるのもアリなのかなと。土地の買い方については下記の記事で解説しています。

>>メタバースの土地を見てみる

 

その3:アルバイトをする

 

すぐに稼ぎたい方やコミュニケーションが得意な方にオススメです。

 

「そもそもメタバースのアルバイトとは?」

 

具体的に言うと、メタバース内で接客をします。メタジョブ」と呼ばれるメタバース内のアルバイト求人サイトがあるので、そこで応募する流れです。時給は2000円ほどと、かなり高単価に設定されています。

 

上記のようなサイト以外だと、Twitterなどでメタバース内イベントの進行役などを募集していたりもするので、そういった方にメッセージを送るのも一つの方法です。

 

今後メタバースが発展していくと共に、メタバース内の仕事も増えてくると予想されています。

>>メタジョブの公式サイト

 

その4:NFTを売買する

NFTに興味がある方におすすめです。

 

こちらはNFTアートを制作して販売し、収益を得るという流れになっています。一番始めやすく、初期費用も掛からずできるので、初心者の方におすすめです。

 

個人的に、「初期費用をできるだけかけたくない」「イラストを描くのが楽しい」という方は始めてみるべき。NFTを制作して稼ぐことでNFTやメタバースなどのWeb3に触れることができるので、一番手っ取り早く成長することができます。

>>NFTアートの作り方を見てみる

 

なお、NFTアートの始め方については下記の記事でまとめています。合わせてどうぞ。

>>NFTアートを始めてみる

 

その5:アバターを作成する

物作りや創作物が好きな方におすすめです。

 

アバターやコンテンツを自分で作成して販売することができます。主に、「Vox Edit」や「GameMaker」などを使用して作成します。

それぞれの始め方については、「【完全版】The Sandbox(サンドボックス)の始め方【遊び方・稼ぎ方も解説】」を参考にどうぞ。

 

なお、メタバースのアバターを作成して遊びたい方は下記の記事がオススメです。無料で始められるので、誰でも簡単にメタバースを体験することができます。

 

その6:投資をする

資金に余裕がある方におすすめです。余剰資金で始められれば、なお良いのかなと。

 

メタバース関連の銘柄に投資をすることで、中長期的に利益を出していきます。現在メタバースの開発はさまざまな企業で進められており、まだまだ発展途上です。

 

 メタバースは成長産業です

メタバースは成長産業なので、投資価値が高く評価されています。

 

成長産業とは、これらから成長していくであろう産業のこと。1990年代でいうインターネットでして、当時にAmazonやGoogle株を買っておけば、今では爆益を出していたということです。

 

また、meta(元Facebook)を初めとする、GAFAなどの世界的企業が続々とメタバース産業に投資をしているので、将来性が十分あります。

 

その7:情報発信をする

知識を深めたい方やノーリスクで始めたい方におすすめです。

 

具体的には、メタバースに関する情報や経験をSNSやブログなどで発信して稼ぐということ。ブログであれば、月1000円かからずに始めることができます。僕の場合も、情報発信をして稼いでいます。

 

 初心者はブログとTwitterがオススメ

初心者の方はブログとTwitterで情報発信してみるのが良いかと。というのも、ブログは月1000円程度、Twitterは無料なので、ノーリスクで始めることができます。

 

最初はある程度の知識が必要ですが、ブログや本、Twitterなど色々な手段はあるので、情報収集しながら発信してみましょう。知識のアウトプットもできますし、稼ぐこともできるので個人的にコスパ最強です。

 

なお、ブログの稼ぎ方については下記の記事で解説しています。体験を交えたコツを紹介しているので、興味のある方はぜひ。

 

メタバースの副業でお金を稼ぐためのコツ

メタバースの副業でお金を稼ぐためのコツ

  • その1:人気のメタバースに触れておく
  • その2:メタバースに関する情報収集をする
  • その3:基礎知識を身につける

 

その1:メタバースに触れておく

メタバースに触れておくのは大切です。というのも、メタバースを触っておくだけで体験として説得力がありますよね。

 

例えば、メタバースの情報発信をするときに、経験をもとにしている発信の方がユーザーに深く響きますよね。同じ内容でも、実体験を挟むだけでライバルと差をつけることができます。

 

メタバースは無料で始められるものやスマホ1つあれば、アプリでも遊ぶことができるので、まずはメタバースに触れてみましょう。

 

その2:メタバースに関する情報収集をする

おすすめはTwitterやサイトでをチェックしてリサーチしてみることです。

 

特に新しい情報などをいち早く知ることができれば、先行者利益を狙っていくことができますよ。

 

ですが、一つ欠点があります。それは、情報量が多すぎるということ。

今の時代メタバースに関する情報が溢れかえっています。なので、自分の関わりたいジャンルに注力してみましょう。

 

例えば、メタバースゲームに関する情報発信している人をフォローしてみるなど。ゲームであればかそつーくんがおすすめです。

 

ゲームの情報発信をしていて、自身の体験も交えたツイートをされているので、かなり参考になると思いますよ。

 

こんな感じで、特定のジャンルに絞ってその分野で発信している人をチェックしてみましょう。全てのジャンルにをリサーチしようとするとかなり消耗しますよ。

 

その3:基本知識を身につける

これはメタバースに限らず、NFTやWeb3などの新しいテクノロジーを始める上で重要になります。

 

メタバースに関する情報は溢れていますが、全部を理解する必要はありません。「メタバースはこんなものだよー」くらいで覚えておけばOK。

いろいろな媒体を読み込む必要もないので、基礎知識であれば本一冊やブログを読めば理解できます。

 

なお、学習方法については下記の記事で解説しています。こちらはNFTと記載されていますが、やることは変わらないので参考にどうぞ。

 

メタバースの副業でよくある質問

メタバースの副業でよくある質問

ここからはメタバースに関するよくある質問に答えていきます。

 

副業で稼げますか?

稼げます。

 

具体的にいえば、メタバースやNFTなどの「Web3」自体が新しいので、誰でも発信者の立場として始めることができます。

 

これから副業を始めようと思っている方は、挑戦してみるのがオススメです。

 

スマホでも出来ますか?

できます。ですが、PCであればなお良し。

 

というのも、やはりスペックや利便性の面において圧倒的にやりやすいのが事実です。PCでしかできないメタバースもあるので、持っている方はぜひ活用してみましょう。

 

PCを持っていない方でも、アプリでメタバースを体験できるものもあるので、実体験をTwitterなどで発信してみるのも良いと思います。

 

何がオススメですか?

副業として始めるなら、情報発信とNFTがオススメです。

 

理由は、ノーリスクで始めれられるから。情報発信であればブログやTwitter、NFTであれば自作のイラストなどを販売して稼ぐことができます。土地や投資などは、ある程度リスクもありますし、経済的に余裕がある方向けです。

 

その他も、情報発信とNFTはマーケティングなどを学べる機会だと思うので、個人的にこの2つの組み合わせはおすすめです。

 

まとめ:読み終わったら行動してみよう

今回はメタバースの副業でお金を稼ぐ方法を紹介してきました。

 

メタバースは初期費用を掛けずとも始められるものもあります。まずは副業として始めるのであれば、リスクが少ないものから行動してみるのがオススメです。

 

ある程度稼げるようになったら広げていけばいいので、まずは行動してみましょう。

 

次につながる行動まとめ

>>みんなの銀行を始めてみる

 

>>メタバースが学べるおすすめの本を見てみる

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-METAVERSE
-