BOOK NFT

【無料あり】NFT初心者におすすめの本を5冊紹介【始め方も解説する】

2022年6月16日

【無料あり】NFT初心者におすすめの本を5冊紹介【始め方も解説する】

悩む人
NFTについて学びたいけど、初心者でも理解できるようなおすすめの本はないかな?最近よく聞くNFTだけど、上手く波に乗って始めてみたいな。

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFT初心者におすすめの本5冊
  • NFTの始め方【簡単な3ステップ】
  • 副業としてNFTを始めるのはあり?

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

 

今回は初心者でも理解できるNFTのおすすめ本5冊を紹介したあとに、簡単な始め方も解説していきます。

 

さっそく、見ていきましょう!

 

NFT初心者におすすめの本5冊

NFT初心者におすすめの本5冊

NFT初心者におすすめの本は、下記の通り。

 

その1:NFTの教科書

NFTの各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。NFTに興味をもつすべての方を対象とした、まさに「NFTの教科書」。

 

タイトル通り、NFTの教科書となる書籍です。

アート、国内ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計など。幅広くカバーした総合的なまとめの内容となっており、NFTを理解するならこの一冊でOK。

 

その2:だれにでもわかるNFTの解説書

難しい専門用語がなく、初心者でもスラスラと読み進めていける一冊。

 

実際のNFTアートの取引例を用いた分かりやすい説明に加え、NFTがもたらす将来性について徹底的に解説されています。

難しい言葉がなく丁寧に説明されているので、NFTを分かりやすく学びたい方におすすめです。

 

その3:初心者でもわかる!NFT解体新書

ビットコインが誕生以来、仮想通貨の歴史から紐解いてNFTを学ぶことができる一冊。

 

初心者でもわかりやすいように、専門用語の説明だけでなくNFTの始め方や作り方、販売方法までを解説されています。

実例や展開されているマーケティング戦略についても紹介しているので、より深くNFTについて学びたい方におすすめです。

 

その4:図解ポケット デジタル投資資産 NFTがよくわかる本

NFTを図解でわかりやすく学べる一冊。

 

NFTの基本が網羅されており、NFTを活用したビジネスや投資の視点からも解説されています。

難しい言葉が使われておらずイラストでの説明が多いため、図解を見ながら読み進めていきたい方におすすめです。

 

その5:NFTアーティストがわかりやすく解説!【NFT超入門】無料で始めるNFTの作り方、売り方からマーケティングまで

現役NFTアーティストが教えるNFTの入門書籍。

 

実際のNFTアーティストが、NFTの仕組みから作り方、販売、マーケティングまでの手順を一緒に進めることができる一冊。

初心者目線で一つ一つ丁寧に手順を説明されており、NFTを始める一連の流れをスムーズに理解することができます。

 

 Amazonオーディブルを利用して無料で読むことができる

AmazonのAudible(オーディブル)を利用することで、紹介した書籍を一部無料で読むことができます。

無料で読む手順は、下記の通り。

登録してから、30日以内に解約することでダウンロードした書籍を無料で読むことができます。なお、ダウンロードした書籍は解約後も残るので、使わない手はないかと。

>>Amazon Audibleをダウンロードする

 

NFTの始め方【簡単な3ステップ】

NFTの始め方【簡単な3ステップ】

NFTの始め方は、下記の通り。

  • 手順1:仮想通貨取引所で口座開設する
  • 手順2:ウォレットを作成する
  • 手順3:NFTをマーケットで売買する

 

手順1:仮想通貨取引所で口座開設する

まずは、仮想通貨取引所で口座開設しましょう。これをしないと始まりません。

 

取引所は「コインチェック」がおすすめでして、無料で開設することができます。

 

なお、具体的な手順は「【簡単】コインチェックで口座開設する5ステップ【タダで2,500円貰える】」で解説しています。参考にしていただけると、口座開設までの手順がわかるようになります。

 

手順2:ウォレットを作成する

ウォレットとは仮想通貨を入れるお財布のようなもの。

取引所で買った仮想通貨をウォレットに入れることで、自由に使用することができます。

 

なお、ウォレットに関しては「メタマスク」がおすすめです。理由は、信頼性も高く、有名人や利用ユーザーも多いため。基本的にはメタマスク1つで十分なので作成しておきましょう。

>>メタマスクをダウンロードする

 

手順3:NFTをマーケットで売買する

あとは、NFTをマーケットで売買するだけです。

下記の通り。

  • 手順1:NFTを作成または購入する
  • 手順2:NFTマーケットプレイスに登録する
  • 手順3:NFTを販売する

 

NFTには自分で制作した作品を販売する以外にも、2次販売(転売)することができます。そのため、安く買って高く売るなどの方法で稼ぐこともできるのがポイントです。

なお、それぞれの目的に沿って下記の記事で解説しているので、参考にどうぞ。

 

 NFTを自分で作成する方へ

 

 NFTを2次販売する方へ

 

 NFTマーケットプレイスに登録する

 

 NFTを販売する方へ

 

副業としてNFTを始めるのはあり?

副業としてNFTを始めるのはあり?

結論から言うと「あり」です。

 

ですが、余剰資金で始められる方がおすすめです。

自分でNFTを販売していく方は良いですが、NFTの2次販売(転売)で稼ぎたい場合、100%利益を出して売れるとは限らないからです。これから伸びそうな作品やまだ知られていない作品を「投資」するということはリスクもあります。

 

なので、副業で始めたい方はNFTを自分で販売するか、2次販売(転売)なら余剰資金でリスクヘッジをしながら始めるのが良いかと。

 

なお、副業としてNFTを始めてみたい方は下記の記事で詳しくまとめています。参考にどうぞ。

>>NFTを副業で始めてみる

 

まとめ:読書でNFTの理解を深めよう!

まとめ:読書でNFTの理解を深めよう!

さいごにまとめておわりますね。

今回紹介した本は、1冊2000円以内で買えるので、先行投資にオススメです。

 

値段も比較的やさしいので、これからNFTを始める人は読んでおくべき書籍なのかなと。

実際に読んでみてNFTの理解を深めた上で、行動してみましょう!

 

 

今回は以上になります。

 

なお、他にもWeb3に関するおすすめの書籍を置いておくので、興味のある方はどうぞ。

>>Web3のおすすめ本を見てみる

 

>>メタバースのおすすめ本を見てみる

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-BOOK, NFT
-,