MONEY

【みんなの銀行】1,000円もらえる?←実際にやってみた【結論:もらえます】

2022年6月15日

【みんなの銀行】1,000円もらえる?←実際にやってみた【結論:もらえます】

悩む人
SNSで「みんなの銀行」をよく見かけるけど、本当にお金がもらえるのかな?もしもらえるなら、どうやってお金を受け取るのか教えてほしいです!

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに応えていきます。

 

 本記事の内容

  • みんなの銀行の始め方
  • みんなの銀行でお友達を紹介する方法
  • みんなの銀行の基本サービス

最近になってSNSでよく見かけるようになった「みんなの銀行」ですが、「登録するだけで、お金がもらえる!」と言われています。だけど正直、「怪しい」ですよね。

 

そこで今回、ぼくが実際にみんなの銀行で口座開設してみました。

結論から言うと、「お金」もらえます。しかも、最大30万円。

なぜもらえるのか?ダウンロードした人と紹介した人が両方もらえるようになってます。つまり、「自分の口座開設で1,000円」+「友だち・家族への紹介1,000円」もらえるキャンペーンなんですよね。

 

 

その紹介でもらえる最大金額が30万円ということ。これはやるしかない。

 

さっそく、やり方を解説していきます。

 

みんなの銀行の始め方

みんなの銀行の始め方

  • 手順1:アプリをダウンロードする
  • 手順2:お客様情報を入力する
  • 手順3:紹介コード:「mCUNnTfr」を入れて始める

 

手順1:アプリをダウンロードする

まずはみんなの銀行のアプリをダウンロードします。

 

アプリを開いて、「新規口座開設」をクリック。

 

手順2:お客様情報を入力する

次に、お客さま情報を入力していきます。

  • 画像
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • 就業状況(会社員、自営業など)
  • 取引目的(生活費決済、貯蓄目的など)

それぞれ入力して進めます。

 

つづいて、本人確認書類をアップロードします。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 官公庁から発行された写真付き書類

上記のいずれかを選択しましょう。

アップロードしたら、「次へ」をクリック。

 

次に、本人確認のビデオ認証していきます。

スマホ画面の指示に従って、身分証明書を確認します。ぼくの場合は、30秒ほどで完了しました。

 

その後は「パスワード設定」→「秘密の質問」の流れで、ログイン設定を進めます。

初回ログインができたら、支店名を選択します。

 

どれを選んでもOK。自分の好きなものを選択しましょう。

 

次に、口座の暗証番号を設定します。

「入金・送金・預金」などをする際に、必要な4桁の番号です。

 

手順3:紹介コード:「mCUNnTfr」を入れて始める

暗証番号を設定したら、さいごに招待コードを入力します。

 

 

招待コード:mCUNnTfr

 

ここで入力せずに進むと、1,000円もらうことができません。後から入力することもできないので、忘れずに入力しましょう。

 

みんなの銀行でお友達を紹介する方法

みんなの銀行でお友達を紹介する方法

みんなの銀行で口座開設をしたら、お友達を招待して1,000円を受け取ることができます。お友達にも1,000円入るので、教えてあげると良いのかと。

 

やり方は簡単。まずみんなの銀行のアプリを開いて、ホーム画面から右上のマークをタップ。

 

「お友だち紹介」をタップ。

 

すると、招待コードがでてきます。長押しするとコピーできるので、お友達に教えてあげましょう。

 

みんなの銀行の基本サービス

みんなの銀行の基本サービス

みんなの銀行では、4種類のサービスがあります。

下記の通り。

  • その1:「Wallet」ウォレット(普通預金)
  • その2:「Box」ボックス(貯蓄預金)
  • その3:「Debit Card」デビットカード
  • その4:「Record:レコード」(お金の管理)

 

その1:「Wallet」ウォレット(普通預金)

ウォレットは、支払い・振り込み・ATMの入出金までの全てのサービスをスマホだけで完結できるサービスです。

ATMの入出金に関しては、セブン銀行のATMに対応しています。

出金手数料は、1回110円、その他宛ての振込手数料は、1回220円となっています。

 

その2:「Box」ボックス(貯蓄預金)

ボックスは、専用の貯金箱をいくつも作ることができるサービスです。

最大20個のボックスを作成でき、Walletからドラック→ドロップでお金の移動ができます。

「毎日積立」などの条件を設定して、貯蓄を行うことも可能です。

 

その3:「Debit Card」デビットカード

デビットカードは、みんなの銀行の口座開設時にJCBのバーチャルデビットカードが発行されます。

取引明細はアプリで確認することができます。その他、利用金額の0.2%がキャッシュバックされます。

 

その4:「Record:レコード」(お金の管理)

レコードとは、自分が使ったお金を振り返ることができるサービスです。

みんなの銀行以外の銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどの残高や明細を確認することができます。

 

まとめ

今回は、みんなの銀行について解説してきました。

 

みんなの銀行の口座開設で1,000円もらえるキャンペーンが開催されていますが、こういったイベントは、突然終わります。

現在、「コインチェック」でも口座開設をすると2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを開催しています。ですが予算がなくなり次第、突然終了すると発表されています。

 

(参考:みんなの銀行

みんなの銀行の公式サイトでも書いてありました。

 

なので、キャンペーンが開催している今のうちに紹介して、1,000円ゲットしちゃいましょう。最大30万円までもらえるので、かなり大きいですよね。

 

なお、先ほど紹介したコインチェックのキャンペーンについても下記の記事で解説しているので、興味のある方はぜひ。

 

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-MONEY
-