METAVERSE

【簡単】メタバースで使えるアバターの作り方【5つのツールを紹介】

2022年4月6日

【簡単】メタバースで使えるアバターの作り方【5つのツールを紹介】

悩む人
メタバースで使えるおすすめのアバター作成ツールないかな...。アバターを作ったら何が出来るんだろう?仮想空間で色んな人と遊べるイメージがあるけど、実際はどうなのかな?

こんにちは、Toniです。

今回はこのような悩みについて答えていきます。

 

 本記事の内容

  • メタバースのアバターの作り方【5つのツールを紹介】
  • メタバースのアバターの使い方【ゲーム・コミュニティ・販売】
  • メタバースの始め方【3ステップ】

この記事を書いている僕は当サイトTONIBLOG」をでWeb3の情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保につながるのかなと。

 

本記事を読むことでメタバースで使えるアバターの作り方がわかるようになります。作成できるアバターを網羅的にまとめたのでぜひご覧ください。

 

さっそく、見ていきましょう。

 

メタバースのアバターの作り方【5つのツールを紹介】

メタバースのアバターの作り方【5つのツールを紹介】

メタバースアバターを作れる5つのツールを紹介していきます。

下記の通り。

5つのツール

  • その1:Ready Player Me
  • その2:cluster
  • その3:VRoid Studio
  • その4:metaClone
  • その5:TheSandbox

 

その1:Ready Player Me

その1:Ready Player Me

1つ目に紹介するのは「Ready Player Me」というアバター作成ツールです。メタバースのツールの中でも王道かなと。

自分の写真からアバターを作成でき、「Somium Space」や「VR Chat」で使用することができます。

 

服やアクセサリなど、かなり豊富なカスタマイズ性がありますね。

 

 実際に作ってみた

自由度も高く、自分の作りたいアバターをそのまま作れる印象でした。

メタバースを体験してみたい方はとりあえず作っておくべきかなと。

 

なお、アバターの作成の手順については「【Ready Player Me】アバター作成の手順を解説【3分で出来る】」で解説しているので、参考にどうぞ。

 

その2:cluster(クラスター)

その2:cluster(クラスター)

続いては「Cluster(クラスター)」というツールです。こちらも有名なメタバースのサービスですね。

スマホとパソコン、どちらからでもダウンロード可能です。

 

 

作成する手順を紹介します。なお、本記事でPC版で解説します。

 

上記のリンクから、clusterをダウンロードします。

clusterを開き、「新規登録」を選択。

 

すると上記の画面が表示されるので、好きなアカウントで登録しましょう。

登録したら、「デスクトップでPlay!」を選択します。

 

これでclusterへ入場することができました。

 

後はアバターを自分好みにカスタマイズしてみましょう。

 

スマホでもプレイできるので、気軽に始められるのかなと。

なお、Clusterでのアバター作成手順は「【メタバース】cluster(クラスター)の使い方を解説【スマホで出来る】」の記事でも解説しています。参考にどうぞ。

 

その3:VRoid Studio

その3:VRoid Studio

VRoid Studioは、Dモデルをキャラクターとして作成することができる、アバター作成ツールです。

特徴としては、アニメのようなアバターを作成することができます。なお、VRoid Studioに関しては、「Windows・Mac」のみ対応です。

 

かなりカスタマイズ性が高く、細かい設定まで決めることができます。

 

操作性も高く、簡単にアバターを作成することができました。初心者やアニメ好きの方におすすめのアバター作成ツールという印象です。

 

その4:metaClone(メタクローン)

その4:metaClone(メタクローン)

こちらはまだリリースされていませんが、アバター作成ツールとして、大型開発が進められているプロジェクトです。

特徴としては、人の個性や感性、思考、技能などの内側の部分までを再現できるように開発中とのこと。

 

いろんな写真から、AIディープラーニングによって構造や形状などを再現できるようですね。

 

歴史上の偉人も写真でアバターになってます。

 

metaCloneのイメージ動画があったので貼っておきます。興味のある方はどうぞ。

 

その5:TheSandbox(サンドボックス)

その5:TheSandbox(サンドボックス)

こちらはメタバースゲームの「TheSandbox」です。一度は聞いたことがあるゲームなのではないでしょうか。

ゲーム内でアバター作成が可能となっており、上記のアバターとは違った「ボクセルアート」というブロックの集合体で構成されたアバターを作成することができます。

 

作り方は簡単。まずTheSandboxへアクセス。

上記のようなホーム画面が表示されます。

 

あとは

「作成」→「アバター」→「アバター作成」

の手順で好きなようにアバターを作成することができます。

 

作成にはテンプレートが用意されており、パーツごとに設定することができます。

 

また、The Sandboxの始め方については「【完全版】The Sandbox(サンドボックス)の始め方【遊び方・稼ぎ方も解説】」ので解説しているので、参考にどうぞ。

 

メタバースのアバターは何で使えるの?

メタバースのアバターは何で使えるの?

下記の通り。

  • その1:ゲームで使う
  • その2:コミュニティで使う
  • その3:販売する

 

その1:ゲームで使う

作成したアバターはゲーム内で使用することができます。

 

例えば、「TheSandbox」では作成したアバターで冒険することができます。

 

作成したアバターはゲームごとで、それぞれ使用することができます。

 

その2:コミュニティで使う

作成したアバターはコミュニティで使用することもできます。

具体的には、作成したアバターでイベントや、たくさんの人が集まるプラットフォームに入場することができます。

 

 イベントにも参加できる

(参考:PRTIMES

 

メタバースではイベント開催などが行われており、自分で作成したアバターで参加することができます。

 

その3:販売する

作成したアバターは販売することができます。

TheSandboxの「VoxEdit」というツールを使用します。

先ほど、TheSandboxのアバターを作成する方法を紹介しましたが、「VoxEdit」はさらに細かくボクセルアートを作成することができます。

 

細かくパーツを設計でき、アニメーションのような動きを加えることも可能です。物作りが好きな方におすすめかと。

「VoxEdit」で作成した作品はNFTマーケットプレイスで出品することができ、作品が売れればそこで収益化することも可能です。

 

なお、作成した作品を出品する場合、仮想通貨とウォレットが必要になります。

まだ作成していない方は「【簡単】コインチェックで口座開設する5ステップ【タダで1,500円貰える】」からサクッと登録しておきましょう。無料で作成できます。

 

メタバースの始め方【3ステップ】

メタバースの始め方【3ステップ】

下記の通り。

  • 手順1:仮想通貨取引所で口座開設する
  • 手順2:メタバースを選ぶ
  • 手順3:ゲーム内通貨を購入する

 

手順1:仮想通貨取引所で口座開設する

まずは口座開設をしましょう。これをしないと始まりません。

 

取引所はコインチェックがおすすめでして、具体的な手順は下記の記事で解説しています。最大手かつ無料で開設できるので、初心者でも安心です。

>>コインチェックの口座開設はこちら

 

手順2:メタバースを選ぶ

次にメタバースに入っていきます。手順は、好きなプラットフォームを選べばOK。

  • The Sandbox
  • Axie Infinity
  • Decentraland

世界的に人気なタイトルは上記の通り。ユーザーも多く、比較的稼ぎやすいプラットフォームなのでとりあえず上記の3つから始めれば間違いないかと。

 

なお、おすすめのメタバースゲームの詳細は「【完全版】おすすめのメタバースゲーム10選【始め方から失敗しない稼ぎ方】」でまとめました。

どのようばメタバースゲームがあるのか知りたい方は必見です。

 

手順3:ゲーム内通貨を購入する

メタバースゲームを始めるには、ゲーム内通貨を購入する必要があります。

購入したゲーム内通貨でアイテムを取引していきます。

 

ゲーム内通貨を購入する手順

  • 手順1:コインチェックでビットコインを購入する
  • 手順2:Binanceで口座開設する
  • 手順3:購入したビットコインをBinanceへ送金する
  • 手順4:Binanceでゲーム内通貨を購入する

上記の通り。

 

手順4のゲーム内通貨に関しては、

  • Axie Infinity=AXSまたはETH
  • The Sandbox=SAND
  • Decentraland=MANA

プレイするゲーム内通貨を買いましょう。なお、Axie Infinityに関してはイーサリアム(ETH)にも対応しているので、AXSやETH、どちらの通貨でもOKです。

 

海外の取引所でBinanceを使用する理由は、300種類以上の通貨を扱っているため。国内の取引所ではゲーム内通貨を取り扱っておらず、Binanceの場合、大抵の通貨を購入することができます。

>>Binanceの公式サイト

 

まとめ

まとめ

今回はメタバースで使えるアバター作成ツールを紹介してきました。

さいごに、内容をまとめます。

  • アバターを作成できるツールは5つ(1つリリース予定)
  • アバターを作成とコミュニティやゲームに参加できる
  • 作成したアバターは販売することができる

こんな感じです。

 

メタバースのアバターを作成しておくことで、イベントやコミュニティに参加でき色々な人との交流を深めることができます。

少しでも興味のある方は行動して、メタバースの世界を体験してみましょう!

 

今回は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

次につながる行動まとめ

>>メタバースで稼いでみる

 

>>今すぐ1000円もらってみる

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-METAVERSE
-