NFT

NFT Studioの使い方を解説【使うのにおすすめの人も紹介】

2022年4月4日

NFT Studioの使い方をわかりやすく解説【こんな方におすすめ】

悩む人
NFT Studioの使い方を教えてほしい...。ついでにどんな人におすすめなのかも知っておきたいな。

今回はこういった悩みについて答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFT Studioの使い方
  • NFT Studioを使うのにおすすめの人

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやWeb3を中心に情報発信をしています。また、仮想通貨も運用しているので信頼性の担保にも繋がるかと。

 

 NFT Studioとは?

NFT Studioは日本初のNFTマーケットプレイスです。

 

OpenSeaやRaribleなどの海外のマーケットプレイスは、メタマスク(MetaMask)などの仮想通貨ウォレットからNFT取引の決済をすることができます。また、システム上英語での表記がされているので、全て英語での取引です。

 

一方で、NFT Studioは日本の会社が運営をしており、クレジットカードなどの日本円でNFTアートなどを購入することができます。もちろん海外のマーケットプレイスと同様の仮想通貨ウォレットからでも決済可能です。

 

NFT Studioの使い方

NFT Studioの使い方は、下記の通り。

  • NFT Studioに登録する
  • NFT StudioでNFTを購入する

NFT Studioに登録する

さっそく、登録していきます。

まず、NFT Studioのページにアクセスします。

ページ右上の「ログイン」をクリックします。

 

「ウォレットを接続する」をクリック

 

メタマスク(MetaMask)の署名を求められるので「署名」をクリック

 

ウォレットがない場合は、SNSでもログインすることが可能なので、好きなアカウントからログインしましょう。

 

これでNFT Studioの登録はOKです。

他のマーケットプレイスと比べてもかなり簡単に登録ができますね。

NFT StudioでNFTを購入する

登録したら、すぐにNFT StudioでNFTを購入することができます。

検索バーから欲しいNFTを検索できます。

 

購入するNFTを決めたら、「今買う」をクリックします。

 

クリックしたら、クレジットカード情報を入力して、「お支払い」をクリックすると購入することができます。めちゃくちゃ簡単ですね。

NFT Studioを使うのにおすすめの人

次のとおり。

  • おすすめ1:複雑な登録をしたくない人
  • おすすめ2:ウォレットが無く、クレジットカードで決済したい人
  • おすすめ3:日本語で取引したい人

 

なお、NFT Studio以外も知っておきたい場合は、「NFTマーケットプレイスのおすすめ8選!ウォレットは1つだけ|選ぶ際のポイントも解説」でわかりやすくまとめているので、参考にどうぞ。

おすすめ1:複雑な登録をしたくない人

NFT Studioはウォレットを作成しなくても、SNSで登録することができます。

 

通常ウォレットを作成して、OpenSeaなどのマーケットプレイスに登録する必要があります。しかし、NFT Studioの場合すでに使っているSNSのアカウントから登録することができるので、登録までの手間を省くことができます。

 

  • OpenSea:仮想通貨取引所に登録→ウォレットを作成→マーケットに登録
  • NFT Studio:マーケットに登録

NFT Studioでもウォレット作成してから登録し購入することができますが、SNSからマーケットに登録するだけですぐに始められます。

 

そのため、複雑な登録をしたくないという方はNFT Studioを使ってみるのもおすすめです。

 

おすすめ2:ウォレットが無く、クレジットカードで決済したい人

NFT Studioではメタマスク(MetaMask)などのウォレットがなくても、クレジットカードで決済することができます。

ウォレットで決済する場合、

取引所で仮想通貨を購入する→海外取引所からウォレットに仮想通貨を入れる

このような手順を踏む必要があります。

 

ですが、クレジットカードの場合そのままクレカ情報を入力して日本円で決済することができるので、ウォレットを作成していない人や作れない人には嬉しいシステムですね。

 

なお、ウォレットの作り方の手順は「【最新】NFTアートとは?始め方・作り方から出品/販売方法まで分かりやすく解説」で解説しているので、参考にどうぞ。

 

おすすめ3:日本語で取引したい人

さいごは日本語で取引したい人です。

NFT Studioは日本の会社が運営しているので、すべて日本語で表記されています。

 

OpenSeaなどのマーケットの場合、すべて英語で表記されているため、一部わかりにくい箇所などがある場合があります。翻訳アプリを使えば日本語でも取引することはできますが翻訳がバグることもあるので、基本は英語での利用になるかと。

 

そのため、日本語でスムーズな取引をしたい方は、NFT Studioがおすすめです。

 

 補足:ブラウザであれば日本語でも使うことができる

先ほどOpenSeaなどの海外のNFTマーケットプレイスは英語表記と解説しましたが、ブラウザを使用する場合は、Google翻訳を使って「日本語表記」で利用することができます。

 

なお、Google翻訳を使用する場合、日本語に翻訳する際に表記バグなどが起こったりするので、使う場合は覚えておきましょう。

 

以上がNFT Studioの始め方になります。

簡単に始めることができるので、気になった方は見てみてくださいね。

 

本日は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

次につながる行動まとめ

NFT写真を出品してみたい人へ!

NFTを副業として始めてみたい方へ!

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-