NFT

NFTのホワイトリスト(WL)とは?やり方・入手方法を解説【結論:お得に買える】

2022年3月31日

NFTのホワイトリスト(WL)とは?やり方・入手方法を解説【結論:お得に買える】

悩む人
SNSでよくみるホワイトリストってなんだろう?無料でもらえるのとは違うのかな?どうやったら入手できるんだろう。

こんにちは、Toniです。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFTのホワイトリスト(WL)とは?
  • NFTのホワイトリスト(WL)のメリット
  • NFTのホワイトリスト(WL)の入手方法
  • NFTのホワイトリスト(WL)を入手する時の注意点

この記事を書いている僕は当サイトTONIBLOGでWeb3の情報を発信しています。

また、仮想通貨やNFTを軸に生活しているので、信頼性につながるのかなと。

 

本記事を読むことで、「ホワイトリストとはどのようなものなのか」「ホワイトリストの入手方法」など、ホワイトリストについて網羅的に分かるようになります。初心者必見です。

 

NFTのホワイトリスト(WL)とは?

NFTのホワイトリスト(WL)とは?

ホワイトリストとはAirdropや取引所のプレセール(IEO)、DEXのプレセール(IDO)へ参加できる権利です。イベントの整理券のようなイメージ。

 

その整理券を使用すると、期限日までに登録した人限定でお得な価格でトークン(通貨)を購入できる仕組みになっています。あくまでも、NFTが無料でもらえるというわけではないですね。

 

 NFTを無料でもらえる「Giveaway」

なお、NFTを無料でもらえるNFT Giveawayというものもあります。簡単に説明すると、作者が作品をたくさんの人に知ってもらうために無料で配っているという企画です。

 

ホワイトリストについて理解したところで、NFTを早く手に入れるのにどんなメリットがあるのでしょうか。次の章では「普通にリリースされてから買うのはダメなの?」といった疑問に答えていきます。

 

NFTのホワイトリスト(WL)のメリット

NFTのホワイトリスト(WL)のメリット

NFTのホワイトリスト(WL)のメリットは3つ。

下記の通り。

  • その1:定価より安く購入できる
  • その2:ガス代競争を回避することができる
  • その3:リリース前に購入することができる

 

その1:定価より安く購入できる

ホワイトリストを入手していると、NFTを安く購入する権利が与えられます。

例えば、0.1ETH(日本円で18,000円ほど)でリリース予定のNFTが0.05ETH(日本円で9,000円ほど)で購入することが可能です。

 

このような権利を付与されるのがホワイトリストのメリットですね。

 

その2:ガス代競争を回避することができる

正直ここが一番のメリットだと思っています。というのも、NFTがリリースされるときにはたくさんの人が購入しにマーケットに集まります。

その結果、トランザクション(取引の処理)が混み合ってガス代が一気に高くなります。

 

例えば、3,000円のNFTを購入するのに10,000円のガス代がかかるイメージ。一気にガス代が高くなると、「作品よりもコストがかかる」なんてことがよくあります。

 

下記のツイートはガス代が何百億と発生した事例です。

 

ブロックチェーンの世界におけるNFTではガス代を制することこそが、コストを抑えるポイントでもあります。

 

その3:リリース前に購入することができる

ホワイトリストを入手していると、NFTをリリース前に購入することができます。整理券のようなものなので、ゆっくり買い物ができるということですね。

 

「それにどんなメリットがあるの?」と思う人もいるかもしれませんが、先述した通り、NFTのリリース後はたくさんの人が買いに走ります。

そのため、ゆっくり見る暇がないのでお目当てのNFTが先に購入されてしまうなんてことがよくあります。

 

先に購入されてしまったら、2次販売で定価より高く販売されているモノを購入するしかありませんね。そのようなリスクを避けることができます。

 

NFTのホワイトリスト(WL)の入手方法

NFTのホワイトリスト(WL)の入手方法

ホワイトリストの概要わかったところで、次は入手方法を紹介します。

下記の通り。

  • その1:NFTを購入する
  • その2:Twitterの募集に参加する
  • その3:NFTプロジェクトのDiscodeに参加して応募する

 

その1:NFTを購入する

こちらはNFTを購入することで、ホルダーとなりNFTホルダー限定に向けてホワイトリストを配布するという入手方法です。NFTを購入すれば高確率でホワイトリストを入手することができるので、おすすめの方法です。

 

具体例を出すと、「CNP(Crypto Ninja Partners)」というNFTプロジェクトがあります。この次の「CNPJ(Crypto Ninja Partners Job)」というNFTがリリース予定ですが、こちらはホルダー限定のホワイトリストが配られる予定となっています。

 

このようなNFTを購入し、ホルダーになることでホワイトリストを入手できるという方法があります。

 

その2:Twitterの募集に参加する

こちらはTwitterのホワイトリスト配布イベントに参加するという方法です。

 

上記の通り。

こちらは、いいねとリツイートすることでホワイトリストを抽選で手に入れることができます。ただ、抽選なので確実に入手できるというわけではありません。

定期的に行なっているプロジェクトもあるので、そういった人をフォローしておくのも一つの方法ですね。

 

その3:NFTプロジェクトのDiscodeに参加して応募する

NFTプロジェクトによっては、Discodeに参加することでホワイトリストを獲得できたりすることがあります。

 

例えば下記のツイート

Discodeに参加してクイズに答えるだけで、ホワイトリストがもらえるというイベントですね。

 

他にもDiscordに参加してからサーバー内で積極的に発言することで、ホワイトリストが貰える場合があります。

理由は、「積極的に発言する=プロジェクトに対しての関心がある」ように判断されるため。他にもTwitterから一定数のユーザーをDiscordに招待することで獲得できたり、プロジェクトによってはサーバー内のイベントに参加するともらえることも。

 

このようなホワイトリストの情報を定期的に発信している人をフォローしておくと、手に入れるチャンスが増えるのかと。

 

NFTのホワイトリスト(WL)を入手する時の注意点

NFTのホワイトリスト(WL)を入手する時の注意点

ホワイトリストにはメリットがありますが、注意点もあります。

下記の通り。

  • その1:ウォレットのリカバリーフレーズは絶対に誰にも教えない
  • その2:スキャムかどうか確かめる
  • その3:公式の情報を必ず確認する

 

その1:ウォレットのリカバリーフレーズは絶対に誰にも教えない

これはホワイトリストに限らずNFTの世界に関わっていく上で必ず覚えておきましょう。

NFTのホワイトリストやGiveawayで当選した場合、ウォレットのアドレスは聞かれますがリカバリーフレーズを聞いてくるのは100%詐欺です。ウォレットの中身を全て抜き取られます。

 

Twitterでは既に中身を全て持っていかれたという人もいます。

 

ホワイトリストはメリットもある反面、「やり方がわからず教えてしまった」ということが無いように注意しましょう。

 

その2:スキャムではないか確認する

スキャムとは「詐欺」のことです。一見しっかりとしたNFTプロジェクトに見せかけて、運営ごと飛んでしまったなんてこともあります。

 

(参考:GIZMODO

上記は被害総額約7400万円のスキャム。

運営者は投資金を手に消え、サイトも封鎖されました。残された投資家は、「資金を取り返す手立てもない」とのこと。

 

実際にちゃんとしてるプロジェクトだと思っても上記のようなことがあります。なので、最低限公式は誰が運営しているのか?コミュニティはどの程度の規模なのか?などを見ておくようにしましょう。

 

その3:公式の情報を必ず確認する

ホワイトリストに参加するまえに、運営がちゃんとした公式のものかを確認しましょう。

 

上記は「AZUKI」というNFTの公式アカウントです。

 

公式に見せかけたアカウントなどで募集している場合は、要注意です。

 

 特に海外のアカウントは気を付ける

NFT関連のトピックをフォローしていると、海外のアカウントからメンションされる場合がよくあります。

大抵こういったものは、ウォレットの詳細を聞き出して中身の通貨を抜かれることがほとんど。明らかに怪しいアカウントが多いので、くれぐれも詳細を言わず、相手にしないようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

さいごに、内容をまとめておわります。

  • ホワイトリストとは整理券のようなもの
  • ホワイトリストがあるとNFTを優先的に買うことができる
  • 詐欺もあるので注意が必要

こんな感じです。

 

ホワイトリストはNFTを購入する際にはとてもメリットがあるものです。ですが、詐欺なども起こりうるのでしっかりと公式の情報を確認して行動するようにしましょう。

 

今回は以上になります。

ホワイトリスト以外にもNFTに関して参考になりそうな記事を置いておきます。興味のある方はぜひ。

 

 次につながる行動まとめ

 

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-