NFT

【NFT】スマートコントラクトとは?意味・仕組みを徹底解説

2022年3月30日

【NFT】スマートコントラクトとは?意味・仕組みを徹底解説

悩む人
NFTのスマートコントラクトってよく聞くけど、どんなものなのかな?具体的には何ができるのかな?

こんにちは、Toniです。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFTのスマートコントラクトとは?
  • NFTのスマートコントラクトでできること
  • NFTのスマートコントラクトのメリット【コストがかからない】

この記事を書いている僕は当サイトTONIBLOGでWeb3の情報を発信しています。

また、仮想通貨やNFTを軸に生活しているので、信頼性につながるのかなと。

 

本記事を読むことでスマートコントラクトとは?何かがわかるようになります。スマコンについて全くわからない方でもわかりやすく解説しています。

 

NFTのスマートコントラクトとは?

NFTのスマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとはブロックチェーン技術を使用した、ネット上の自動販売機です。実行条件をあらかじめプログラムしておくことで、条件が満たされた段階で自動的に実行されるシステムです。

 

分かりやすくすると下記のような感じ

あらかじめ100円の値段設定してあるジュースが売っている自動販売機に、100円を入れることで自動的にジュースが出てくるようなイメージ。

 

現実の自販機は上記が当たり前ですが、これをブロックチェーン技術の応用したものが「スマートコントラクト」になります。

自動で実行し取引することで、取引間において第三者の介入を省くことができるんですよね。

 

NFTのスマートコントラクトでできること

NFTのスマートコントラクトでできること

スマートコントラクトを利用してできることは様々ありますが、その中でも身近に使用されているものを紹介します。

結論は、下記の通り。

  • その1:Defi
  • その2:NFT Music
  • その3:NFT Game

 

その1:Defi

Defiは、ブロックチェーン上に構築されたエコシステムの金融サービスで、日本では「分散型金融」と言われています。

 

Defiでは、従来の銀行や証券会社のような中央管理人や仲介業者が必要なく、保険金の支払いの過程などをスマートコントラクトで自動で行うことができ、人件費削減やユーザーは低い手数料で利用することができます。

 

また、保険金支払いなどの可否も自動で行なわれ、第三者(仲介業者)が介入することないので保険契約に関するトラブルなども防止することができます。

 

その2:Ujo Music

Ujo Musicはブロックチェーン技術を使用した音楽サービスです。

音楽などのエンタメでは、アーティストが制作した作品がユーザーに届くまでにたくさんの仲介業者が入っており、実際にアーティストに入ってくる収入は売り上げのわずかということがあります。

 

Ujo Musicではアーティストとユーザーを直接繋げることができ、仲介業者が不要になり、ユーザーが楽曲に支払ったお金がそのままアーティストに還元されます。

 

その3:CryptoKitties

CryptoKittiesはブロックチェーンゲームと呼ばれるもので、様々な種類のタイトルがリリースされる中、NFT化された猫が1900万円で取引されるなど、NFTブームの火付け役としても話題となりました。

 

ゲーム内容は、デジタルの猫を育成・繁殖させることでオリジナルの猫を生み出すブロックチェーンゲームです。

繁殖を決めるアルゴリズムにスマートコントラクトが使用されており、ランダムな猫が生まれるようになっています。また、猫の売買にもスマートコントラクトが使われているので、ゲームユーザー同士で直接取引することができるようになっています。

 

他のブロックチェーンゲームについては「【厳選】無料で始められるNFTゲームおすすめ8選【無課金でOK】」で紹介しているので、参考にどうぞ。

 

NFTのスマートコントラクトのメリット【コストがかからない】

NFTのスマートコントラクトのメリット【コストがかからない】

スマートコントラクトは条件を満たすと自動で取引するため、第三者の仲介が不要なので直接取引することができます。

そのため、仲介業者へ支払うコストや取引の時間削減をすることができます。また、取引の内容はブロックチェーン上に全て記録・公開されるので、情報改ざんの防止にもつながります。

 

一方でスマートコントラクトのデメリットも存在します。

 

 スマートコントラクトのデメリット

下記の通りです。

  • その1:脆弱性
  • その2:法律問題
  • その3:スケーラビリティ問題

 

その1:脆弱性

ブロックチェーン技術の特徴から、一度取引されてしまうと取引内容を変更するのは不可能です。

例えば、プログラム上にミスやバグがあった場合でも修正することができません。

 

その2:法律問題

スマートコントラクトでの売買などの取引は法律上の行為ですが、新しい自動化などの仕組みに関しては、法整備が追いついていないこともあるので注意が必要です。

 

その3:スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは「拡張可能性」のことで、利用者や処理の増大に対応できる度合いのことをいいます。

スマートコントラクトの利用ユーザーが増えるほど、その分トランザクションも増えるので、処理速度に時間がかかってしまい、スマートコントラクトの速さが活かせなくなる可能性があります。

また、利用者が増えることで需要が高まると手数料の値上がりなどの可能性もできてきます。

 

まとめ:スマートコントラクトはまだまだ発展途上

まとめ:スマートコントラクトはまだまだ発展途上

今回はNFTにおけるスマートコントラクトについて解説してきました。

今まで人の手が必要だった作業など、これからスマートコントラクト技術で自動化できるようになっていく可能性があります。

 

NFTはまだまだ成長産業なので、これからの技術革新が楽しみですね。

 

今回は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 次につながる行動まとめ

>>NFTを始めてみる

 

>>NFTで稼ぎたい方へ

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-