NFT

【初心者向け】NFTの稼ぎ方を4つ紹介【自作・転売・ゲーム・動く】

2022年3月10日

【初心者向け】NFTの稼ぎ方を4つ紹介【売買・投資・ゲーム・動く】

悩む人
NFTで稼いでみたいけど、具体的にどうやって稼ぐことが出来るんだろう?

こんにちは、Toni(@toni_nft_)です。

今回はこのような悩みに答えていきます。

 

 本記事の内容

  • NFTの稼ぎ方4つ【自作・売買・ゲーム・運動】
  • NFTで稼ぐためのコツ
  • NFTで稼ぐ際によくある質問

この記事を書いている僕は「TONIBLOG」を運営しており、NFTやMetaverseなどのWeb3を中心とした情報を発信しています。

また、NFTや仮想通貨を軸に生活しているので、信頼性の担保にも繋がるのかなと。

 

 NFTで稼ぐには国内取引所が必要です

NFTを始めるには国内の取引所で仮想通貨を購入する必要があります。無料かつ5分ほどで開設できるので、あらかじめ済ませておきましょう!

Toni
コインチェックであればキャンペーンもやっているので期間内だとお得に始められます!

 

 【タダで1,500円もらえる】コインチェック口座開設キャンペーン開催中!

【~9/30までの期間限定】コインチェックの口座開設と通貨を購入した方全員に、1,500円分もらえるキャンペーンが開催されています。

 

コインチェックは国内でも大手の取引所でありながら無料で開設できるので、仮想通貨をこれから始める方はかなりオススメです。

本人確認後、72時間以内に1円でも入金すれば1,500円分もらえるのでお忘れなく!

 

まだ口座開設していない方はコインチェック公式サイトから始めてみましょう。手順が分からない方は下記の記事で解説しているので、参考にぜひ!

 

なお、本記事ではNFTの稼ぎ方や稼ぐためのコツなどがわかるようになるので、ぜひ熟読をどうぞ。

 

さっそく、見ていきましょう。

 

NFTの稼ぎ方4つ【自作・売買・ゲーム・運動】

NFTの稼ぎ方4つ【自作・売買・ゲーム・運動】

下記の通り。

  • その1:自作で稼ぐ
  • その2:売買して稼ぐ
  • その3:ゲームで稼ぐ
  • その4:運動して稼ぐ

 

NFTの稼ぎ方その1:自作で稼ぐ

NFTの一番基本の稼ぎ方ですね。自分で作品を作り、それを販売して稼ぐ方法です。

 

主に、NFTアートなどが有名でSNSのアイコンなどにもよく使用されています。

 

初期費用をかけずに始めることができるので、まずNFTに触ってみたいという方は作品を作ってみるのがおすすめです。

なお、NFTアートの作り方に関しては下記の記事で解説しているので、参考にどうぞ。

>>NFTアートを作ってみる

 

NFTの稼ぎ方その2:売買して稼ぐ

安く買って、高く売る。要するに「投資」と同じです。

 

NFTの場合、SNSなどで伸びている作品や、出品者が誰なのかによってある程度の目星をつけることができます。

 

ここら辺は、NFT界隈に身を置いて日頃から情報収集している人が有利なので、すぐに始めて稼ぐのは難しいのかなと。現実の投資と似ていますね。

 

なお、NFTを売買して稼ぐ方法は下記の記事で解説しています。参考にしていただけると、NFTで売買する手順がわかるようになります。

>>NFTアートを始めてみる

 

NFTの稼ぎ方その3:ゲームで稼ぐ

NFTゲームで「Play to Earn=プレイして稼ぐ」ことができます。

 

ゲーム内で手に入れた通貨を日本円に変換することで稼げる仕組みです。既にたくさんのNFTゲームがでており、月に数万円ほど稼ぐ人がどんどん出てきています。

 

最近だと「isekai battle」というゲームが発表され、話題となりました。

 

ゲーム内で使用できるキャラクターのパブリックセール開始時、すぐに売り切れるほど人気です。

 

なお、NFTゲームを始めてみたい方は下記の記事で紹介しているので、参考までにどうぞ。

>>おすすめのNFTゲームをみてみる

 

NFTの稼ぎ方その4:運動して稼ぐ

最近だと、STEPNなどが話題となっていました。「Move to Earn=運動して稼ぐ」ことができ、アプリ内のスニーカーを購入することで歩いて稼ぐことができるようになっています。

 

運動して稼げるのは夢のようですが、一つ難点があります。それは、初期費用が高いということ。5~10万円ほどで販売されており、余剰資金がある人の方が始めやすいのかと。

(参考:DeFi Beginners Note

こちらの記事が参考になります。

 

初心者が始めるにはハードルが高いわけですが、最近だと無料で始められる「Aglet」や「Sweat Coin」のアプリが流行っています。

 

初期費用がかからないということもあり、注目を集めていますね。始め方については、下記の記事で解説しています。興味のある方はぜひ。

>>Agletの始め方をみてみる

 

NFTで稼ぐためのコツ

NFTで稼ぐためのコツ

下記の通り。

  • その1:基礎知識を身につける
  • その2:自分で作品を作って販売する
  • その3:予算を決める

 

その1:自分で作品を作って販売する

NFTの売買にはとにかくガス代がかかります。購入する際や販売の際など。

 

ですが、1次販売(自分の作品を販売)するときはガス代が一切かかりません。それだけで、無駄な費用を抑えることができます。

 

コンテンツ作成や売り方を学ぶことができるので、どのように稼ぐか迷ってる人は、自分の作品を販売してみるのがおすすめです。

 

なお、NFTを売るコツについては「NFTアートが「売れない」のは当たり前です【売るためのコツも解説する】」の記事で解説しているので、参考までにどうぞ。

NFTアートが「売れない」のは当たり前です【コレクター視点から解説】

 

その2:予算を決める

先述の通り、NFTの売買にはガス代がかかります。販売に比べてコストがかかるということはそれ以外でカバーしていくことが重要です。

 

おすすめなのは、予算を決めておき伸びそうな作品に分散しておくことですね。一つの作品にすべてを投じずに、複数買って一つでも高騰したら利益を出すことができるので。

 

基本的に伸びそうな作品をウォッチしておくのが良いかと。大前提として、稼ぐことに注視しているのでNFTの情報収集は必須です。

イケハヤさん、pajiさん、miinさんといった方々をフォローしてみるといいかもです。NFTに関するエキスパートなので、専門知識も深い方達ですよ。

 

その3:基礎知識を身につける

NFTで稼ぐなら基礎知識は必須です。というのも、最近はNFTの情報が確立してきたので、いろいろな媒体を読み込む必要がなくなりました。

 

おすすめな勉強法2つ

  • ブログ

上記の通り。

分からなかったら、理解するまで読み返すのが良いかと。NFTがどういうものか分からずに始めてしまった、ということが無いようにしっかり基礎知識は抑えておきましょう。

 

なお、NFTの勉強法については、「【初心者向け】NFTを勉強する方法を3つ紹介【難易度別に解説する】」で解説しているので、参考までにどうぞ。

 

NFTで稼ぐ上でよくある質問

NFTで稼ぐ上でよくある質問

ここからは、NFTで稼ぐ上でよくある質問に答えていきます。

 

どんなものが売れますか?

基本的になんでも売れます。

 

イラストや動画、写真、土地など。ほとんどの場合、イラストが多い印象ですが、自分の得意な分野や好きなジャンルで挑戦してみるのが良いのかなと。

 

なお、NFTで売れるものについては下記の記事で解説しています。参考にしていただけると、自分の出品したいジャンルがわかるようになります。

>>NFTで売れるものをみてみる

 

副業でも稼げますか?

結論からいうと、稼げます。ですが、現状はそこまで甘くないのかなと。

 

理由は、現在のNFTは供給過多になっているため。

 

日本でNFTを買っているのは8,000人ほどしかいない。つまり、出品者に対して購入者が少ないんですよね。

 

今後ユーザーが増えていくと予想されているので、その前にNFTに触れて仕込んでおくのが良いのかと。しっかりと勉強して、手順を踏めば利益を出していくことができます。

なお、NFTを副業で始める手順については下記の記事で解説しています。参考にどうぞ。

 

未成年でも稼げますか?

はい、稼げます。

 

ですが、イーサリアムなどの仮想通貨を日本円に換える際には、取引所を使う必要があります。そうなった場合、親に仮想通貨取引所で開設してもらうのがおすすめです。

 

まとめ

今回はNFTの稼ぎ方を3つ紹介してきました。

さいごに、内容をまとめておわります。

  • NFTで売買するなら基礎知識をつける
  • ゲームや運動して稼ぐこともできる
  • 初期費用をかけたくないなら自作がおすすめ

こんな感じです。

 

 悲報:9割の人が行動しない

この記事を読んだ9割の人が行動せずに終わります。NFTに興味があっても行動しない人がほとんどなので、まずは動いてみる。そこから得られる知見やスキルがあるので、少しでもアクションを起こして差別化していきましょう。

 

今回は以上になります。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 次につながる行動まとめ

>>タダでビットコインをゲットする

 

>>今すぐ1000円もらってみる

  • この記事を書いた人

Toni

Web3メディア「TONIBLOG」を運営。 普段は家賃6万の家でまったりと暮らしつつNFTや仮想通貨を軸に生活してます。 当ブログではWeb3を中心とした情報を発信していきます。

-NFT
-